コレステロールが高いと病気になる!?おすすめサプリで下げよう!


あなたは、コレステロールを気にしたことがありますか?実は、非常に重要な値で、コレステロール値が高いことで病気になるリスクも同じだけ高くなってしまうのです。

コレステロール値が高いことでかかりやすい病気(病名)には「脂質異常症」「糖尿病」「メタボリックシンドローム」などが当てはまります。

実は、これらの病気はとても恐ろしい病気だということをご存知でしょうか?名前だけだと、どの病気も直接命に関わる病名ではないような感じがしますよね…。
どれくらいこれらの病気が恐ろしいか、まずはご紹介したいと思います。

コレステロールが高いとこんなに怖い病気になるの!?


「メタボリックシンドローム」の場合には、太っているとうだけではありません。
メタボリックシンドロームの怖いところは、内臓脂肪が蓄積することによって「血中脂質」が異常な値になってしまうことです。

これによって脂質異常症や糖尿病などのさらに恐ろしい病気を引き起こしてしまうのです。

「血中脂質」が異常値になることで「動脈硬化」などの命に関わる恐ろしい病気までを引き起こしてしまうリスクが高まるのです。
コレステロールがはじまりでも、最終的には毎日の生活をおびやかす病気になってしまうかもしれないのです…。

動脈硬化が発症してしまってからでは、手遅れになってしまうかもしれません…そんな最悪の事態を避けるためにも、是非コレステロールに注意してみてください。

サプリメントでコレステロールを平常に保つ

そうならないためにも、コレステロールの値を正常に戻さなければいけません。
しかし、コレステロール値を平常に保とうと思ったらどうしたらいいのでしょうか?
その方法としてよく取り上げられるのが、生活習慣の見直しや食事制限などです。

コレステロール値を平常に戻すための一つの手段としてサプリメントを使ってコレステロールを下げる試みもあります。
サプリメントなら、毎日決められた量を服用するだけでいいので、続けやすい方法です。

将来の健康な日常を守るためにDHA・EPAサプリメント「ハグラビ」というサプリも注目されています。

DHAのサプリメント「ハグラビ」

ハグラビは、妊娠中・授乳中の女性でも使用できるサプリメントです。
幼い子供でも飲むことができるので、家族みんなで服用するのもおすすめです。

コレステロール値が平均よりも高い方が看護師さんから勧められたのが「DHA」でした。

魚などに含まれている栄養素のDHAは記憶力アップにもぴったりの栄養素ですが、実はコレステロール値を調整する働きがある栄養素なのです。

コレステロールには、実はいいコレステロール「善玉コレステロール」がありますが、この善玉コレステロールは細胞膜を作る働きもあるため、できればそのまま体内に残しておきたいものなのです。

しかし、悪玉コレステロールは体に影響を与えてしまうので、理想的なのは悪玉コレステロール値だけを下げることなんです。

善玉コレステロールを残して悪玉コレステロールを下げることが可能と考えられているのが、DHAのパワーです!
(注:効果効能は断定はできません)

毎日の食事を栄養バランスを考えて完璧に用意するなんて、ほとんど不可能です。

でも、サプリメントをとるだけで、足りない栄養が補えるのであれば、不要なストレスを感じずに続けることができます。
健康、体調だけではなく子供たちが成長するためにも効果があると言われています。

ハグラビには、DHAだけではなく、DHAと同じく学習力アップに効果があるといわれているEPAも配合されています。

特に日本人の食文化の変化によって、魚を食べること自体が減ってきているのですが、それも補うことができるサプリメントです。
コレステロール対策はもちろんサプリだけではなく、生活習慣や食生活の見直しが第一となります。
それを踏まえた上でサプリを試すという考え方が必要です。
 

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
コレステロールが高いと病気になる!?おすすめサプリで下げよう! | お悩み対策.COM 口コミ効果検証