魚に豊富に含まれる、DHAやEPAの効果ついて詳しく知ろう!






DHAやEPAってどんなもの?

DHAとEPAは、どちらも魚に豊富に含まれている成分で、不飽和脂肪酸に分類されます。

この2つは似たような性質を持ちながら、詳しく働きをみてみると数々の違いも出てきます。
その違いについて詳しく説明していきましょう。

直接脳に働きかけるDHA

実は私たちが摂取した栄養素などは、すべてが脳の中まで届くわけではありません。
脳の中に入り込むには血液脳関門とよばれる、脳のための検問所のような場所があるためです。

この検問所を通過できる成分は限られており、EPAはこの検問所を通過することはできません。

ですがDHAはこの検問所を通り抜けることが可能なので、脳に直接作用することができます。

DHAはもともと記憶力などに深く関係している海馬に存在しており、海馬でのDHAが増えればそれだけ記憶力もアップするのです。
認知症などの予防としてはもちろん、お子様の学習能力向上にもDHAは役立ちます。

血液をサラサラにしてくれるEPA

一方、EPAは血液をサラサラにする効果が高いことでも知られています。

血液がドロドロになると血少板がかたまりやすくなり、それが血栓となって心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。

ですがEPAは血少板が固まるのを防ぎ、血液の粘度も下げてくれるため、サラサラの血液にしてくれると考えられています

また、EPAには抗アレルギー効果があるのも特徴。
アレルギーはプロスタグランジンとよばれる物質によって引き起こされますが、EPAにはこの物質の分泌を抑制する働きもあります。
EPAを摂取することで、様々なアレルギーの改善も期待できるといわれています。

(注:効果は一般的に考えられている範囲であり、絶対ではありません)

デメリットはあるの?

基本的には特に大きな問題になることはありません。
ですが過剰摂取をした場合は、血液がサラサラになりすぎて出血が止まりにくくなることも。
サプリなどで摂取する際は決められた量をきちんと守りましょう。

ハグラビなら、DHAやEPAを手軽に摂取できる


魚にDHAやEPAが豊富に含まれていることはお分かりいただけたと思います。
ですがいくら体にいいからといって、食生活も欧米化が進んでいる現代では毎日魚を食べることは難しいかもしれません。
そこでおすすめなのが、ハグラビ。

ハグラビにはDHAやEPA、オメガ3はもちろん、ヒアルロン酸やコラーゲンに加えエラスチンも含まれています。

ヒアルロン酸は1gに対し、6000mgもの水分をため込むことができるほど、保水力に優れていることで有名です。
そのため、ヒアルロン酸は多くのスキンケア製品に使用されていますが、分子が大きいので肌の奥まで浸透しにくいという欠点も。

コラーゲンヒアルロン酸と同じように真皮という部分に存在しており、肌のハリや弾力に深く関係している成分。

さらにハグラビは、エラスチンとアスタキサンチンも配合。
エラスチンはコラーゲンの働きをサポートする役目を果たしているので、コラーゲンとエラスチンは最高の組み合わせといってもよいでしょう、
アスタキサンチンは強力な抗酸化作用があります。

 

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

魚に豊富に含まれる、DHAやEPAの効果ついて詳しく知ろう! | お悩み対策.COM 口コミ効果検証