血圧を下げる食事や食べ物、運動方法!血圧改善サプリメントとは


血圧が高めと言われたら食事や運動で血圧ケア!それがダメなら・・・

人気の血圧対策タブレット

1日1粒、高めの血圧改善習慣

血圧って少々高めでも体調に大きな変化がないために「まあ大丈夫!」と思い何もせずにほおっておくことが多いです。
しかし血圧が高いことによって大きな病気になってしまうおそれもあるために早めにケアすることが大切です。

血圧が高くなるとどうなる?

私たちの体中に巡るたくさんの血管にはいつも血液が流れています。
この血液が流れる時に血管にかかる圧力の大きさが140mmgh以上である場合を高血圧というのですが、この圧力が大きければ大きいほど心臓は過度に働き、血管は圧力に負けない様にと厚さを増していってしまいます。

つまり心臓はいつも疲労し、血管は弾力のない固い血管になってしまうんですね。

柔軟性のなくなった血管はコレステロールなどによって血栓を作り詰まってしまう事で脳梗塞や心筋梗塞になる恐れがあります。
また心臓への負担が大きいために虚血性心疾患などの心臓疾患を引き起こしてしまいかねない恐ろしい病気でもあったんです。

高い血圧をさげるには・・・

高血圧を予防するためにすることは3つあります。
食事

血圧を下げる食べ物に玉ねぎ、セロリ、トマト、にんにく、柿、青魚、納豆、お酢・・・などがあります。
毎日の食事でうまく摂りいれるように心がけることが大切です。

反対に血圧をあげてしまうものに塩分・脂肪・糖分などの高い食事などによって血圧は上がってしまいます。
暴飲暴食を避けてお肉中心の生活からお魚中心の食事に変えることも大切です。

またついとり過ぎてしまう塩分ですが、カリウムを含む食品を取ることで余分な塩分を排出することができます。

カリウムを含む食品にはきゅうり、瓜、プルーン・・・などがあります。
その他にも毎日大さじ1杯のお酢を飲むことを2ケ月続けることで血圧を10mmhgも下げることができると言われています。
きゅうりとわかめのお酢のものを食事にプラスするのもよいでしょう。

運動

運動を行う事で交感神経が働き血管を拡張することによって血圧が下がります。
またインスリンの働きがよくなることによって分泌量が減りインスリンによって起こる血圧上昇機能が弱まることで血圧が下がります。

その他にも汗をかいたり利尿作用が活発になることで体液量が低下し血圧が下るんですね。

血圧を下げるためにはウォーキングや水中運動、サイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

過度な運動は返って血圧を上昇させてしまいます。
少し汗ばむ程度の運動を週に3日以上、20分以上行う事で血圧を下げることができるのですが、自己流の運動は控えたほうが良さそうです。

サプリの力を借りる
運動はどうも続かない!食生活を見直すことは難しそう!なんて人には製薬会社が作ったサプリメントがおすすめです。

大正製薬の血圧が高めの方のタブレット

【大正製薬】

icon-chevron-circle-right製薬会社が考えた、1日1粒の血圧対策。健康管理に本気で役立つ1粒を追及。植物由来のまったく新しい血圧改善の機能性表示食品。製薬会社ならではの製剤技術を活かし、1日1粒という手軽さを実現。

 
このタブレットに含まれているコショウ科の食物のヒハツ由来ピぺリンという成分が血管を拡張して血液の流れを良くすることで血圧が下がるというのです。

1~2週間飲み続けることで血圧が下がりその後の血圧も安定し維持することができると言います。
大手製薬会社でもある大正製薬で研究し作られ、しっかりと検査結果も出ているために安心して飲むことの出来るサプリでもあります。

1日1粒飲むだけととても簡単なので血圧のケアには最適かも知れませんね。
しかし忘れずに毎日摂ることも大切になってきます。
運動も食事もムリという人はサプリの力を借りるというのもいいかもしれません。

年齢と共に少しずつ血圧は髙くなってしまうそうです。
しかし年だからと言ってほおっておくことは間違いで、大きな病気になってしまう前にしっかりと血圧を安定させてあげることが必要なんです。

いつまでも健康でそうして長生きするためにも高血圧のままではいけないんです。
健康診断で血圧が高めですね!なんていわれたらまずは食事を気を付けてみたり少しの運動を始めてみませんか?
 

血圧対策一覧

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 血圧を下げる食事や食べ物、運動方法!血圧改善サプリメントとは