中性脂肪コレステロール高いとどうなる?下げる運動や食事 食物繊維を多めにとろう


中性脂肪やコレステロールを下げるには毎日の生活から改善

中性脂肪、コレステロールとは

中性脂肪、コレステロール」と聞くと、「体に良くないもの、健康に悪いイメージ」があると思います。
ただ、実際には、中性脂肪も、コレステロールも、血中に一定濃度は必要な成分です。

健康診断で、中性脂肪が高い、コレステロールが高い、というのは、血中にある脂肪成分が多くなっているという意味とほぼ同じです。
血中の脂肪分は通常量でしたら、有効にエネルギーとして働き、健康を維持します。

ただ、余分な脂肪が血中をさまようようになると、正常な血液の流れを妨げたり、血管に付着したりします。
血管に付着した脂肪分は、血管の幅を狭くし、血液を滞らせたり、「血栓」という血のかたまりを作ったりします。

血栓が血管壁からはがれると、血流に乗って、全身の細い血管を詰まらせる事もあります。

このような事の原因となる為、「中性脂肪、コレステロール」が「健康に良くない」と言われるわけです。
健康診断で、中性脂肪やコレステロールが高いと言われている方は、早めに数値を下げる努力を始めましょう。

中性脂肪やコレステロールを下げるには、一朝一夕には難しいです。
毎日の生活習慣の改善が、効果的です。
手軽にできる生活改善法をご紹介します。

中性脂肪やコレステロールを下げるには

健康診断の結果で、中性脂肪やコレステロールの数値が、通常より「少し高め」くらいの人は、食事の内容を工夫するだけで、すぐに数値が正常に戻る事があります。

中性脂肪、コレステロール値が高い食物

「たまご類(普通の白い鶏卵に限らず、イクラやタラコも高めです)、肉類、バター類など」です。

これらは比較的良く知られている、「高コレステロール食品」だと思います。

完全に避ける必要はありませんが、コレステロールや脂質が気になる方は、少し摂取量を減らすと良いでしょう。
さらに、気づきにくい所で、中性脂肪を上げる食品は、「糖分」です。

糖分を取りすぎると、その場でエネルギーとして消化されずに残った糖分は、脂肪に変換されます。
この脂肪も、血中の中性脂肪を上げる原因となります。

ごはん(米)、パン、麺類、果物(果糖)、等が全て血中では「糖」となりますので、食べすぎるとこれらも中性脂肪の上昇の原因となってしまうのです。

中性脂肪やコレステロールを下げる食品

「食物繊維」を含む食品です。
食物繊維は、コレステロールをからめとってくれる働きがあると言われています。

レタスやキャベツ、人参、ブロッコリーなどの緑黄色野菜だけでなく、コンニャクやキノコ類にも食物繊維は豊富です。
これらを食事に上手に取り入れていくのが、中性脂肪やコレステロールを下げる良い方法です。

下記のようなDHA・EPAも有効と考えられています

中性脂肪やコレステロールを下げる運動

中性脂肪やコレステロールが高いのを自覚していても、昼間は外食、夜は飲み会などの付き合いが多く食事制限がうまくいかない人もいると思います。

健康診断で常に、中性脂肪が高い、コレステロールが高いといういわゆる「高脂血症」の予備軍のような方は、すぐにでも対策を始めるべきです。
血中の中性脂肪濃度、コレステロール濃度どちらも、「運動」によりかなり変化します。

特に、定期的な運動をしていない人、デスクワークが多く運動不足な人等は、軽い運動で血中の脂肪が減少する事があります。

中性脂肪やコレステロール対策にピッタリの運動は、「有酸素運動」です。
有酸素運動というのは、よく耳にする言葉だと思います。
軽いウオーキングやサイクリングを、20分以上続けて脂肪を燃焼させる運動です。

ダイエットにもおすすめの運動です。
例えば、ウオーキングを開始して10分間位までは、血中の「糖分」がエネルギーとして使われて行きます。

それから、血中の糖が枯渇してくると、血中の脂肪が使われるようになります。
この際、ようやく中性脂肪やコレステロールが消費され始めます。
ですので、血中の脂肪を減らすには、20分以上の運動が効果的と言われています。

ただし、10分以内の運動が全くムダかというとそうでもないという事です。
血流を促し、体温を上げる時に中性脂肪が燃焼するという意見もあり、10分以内でも運動をする方が血中の脂肪を減らす効果はあるようです。

また、同じ姿勢を続けているような仕事、デスクワークの方は、血流が滞りやすく、血中の中性脂肪も分解しにくいと言われています。

こういった方は、1~2時間に1回程度、足のふくらはぎをほぐしたり、腕から肩にかけてマッサージをするなど軽いストレッチをして、血流を良くしましょう。
血流を促すだけでも、血中の脂肪がたまるのを防ぐ事ができます。

 

コレステロール対策で人気のサプリ

  • 注意点

    (注:効果は一般的に考えられている範囲であり、下げる効果は個人差があり絶対ではありません)

    以上のように、食事と運動を組み合わせる事で、中性脂肪やコレステロールを下げる事ができますが、数値が気になり始めたら、悪化する前に、生活の改善を始めるのが良いでしょう。
    ただし、上記の話はあくまでも生活の改善の参考です。
    高コレステロール値のうらに、「病気」がひそんでいる事もあります。
    健康診断で「要再検査」だったり、また自覚症状のある人は、必ず医師の診断を受けましょう。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
中性脂肪コレステロール高いとどうなる?下げる運動や食事 食物繊維を多めにとろう | お悩み対策.COM 口コミ効果検証