目のピント調節が合いにくい時やぼやける時の機能改善に


65ccc3076f6e031cf7348ad0e591caa1_s

いつまでも若いつもりで頑張っていてもやがて訪れてしまうのが目の悩みです。今まで何気なしに読んでいた本や雑誌などがぼやけて見えにくかったりすることがあります。

見えにくいからと言って手元に近づけるとますますぼやけてしまいます。反対に少し手元を離してみるとビックリ、くっきりと見えるなんてことがあるんです。とうとうやって来てしまったようです老眼が・・・

目の悩みを和らげてくれる「えんきん」

icon-magic 【ファンケル】スマホ・パソコンで1日中がんばる目に!えんきん♪
そんな目の悩みを解消してくれる中高年にはありがたい商品にファンケルのえんきんというサプリがあるそうです。このサプリは目の悩みを和らげてくれる日本で初めての機能性表示食品のサプリメントです。

目のピントが合わなくなるのはなぜ?

物がボヤァっと2つにみえたり、かすんだりして見えにくくなったりするのは、それは目のピントが合わなくなってしまっているからなのです。目には毛様体筋という筋肉がありこの筋肉を縮めたり伸ばしたりすることで目と物のピントを合わしているのです。この筋肉を使い過ぎる事で眼精疲労になったりもします。

毎日の仕事やプライベートでパソコンやスマホなど長時間の使用で眼精疲労になっていませんか?目と物の距離を一定に保ったままで長時間過ごすと次に違うものを見ようとするときにピントが合わせにくくなってしまうのです。

そしてもう一つの原因は老眼からきます。年齢とともに目のピントを調節する機能が弱まってしまう事でピントが合いずらくなってしまうのです。

えんきんに含まれている成分

弱まってしまったピント調節の機能を高めてくれる成分にはルティンやアスタキサンチンなどが含まれています。ルティンはブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。アスタキサンチンは鮭などに多く含まれています。どちらも抗酸化力が強いことから活性酸素などの害を除去してくれることで弱まった機能を高めてくれるのです。

その他の成分には魚などに多く含まれているDHA、ブルーベリーなどに含まれているシアニジン-3-グルコシドなどが眼精疲労からくる肩や首筋の疲労をやわらげてくれるのです。

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは特定保健用食品とは違うのですが、安全性を調査したうえで臨床実験などの科学的根拠のもとでその効果を表示した食品の事です。いわゆる安全でありなおかつ有効であることが示されているという事なのです。

ファンケルのえんきんサプリは目の疲れを実感している中高年の方を対象とした臨床試験でも1日2粒を4週間続けることで弱まっていた調節機能が改善されたという報告がされています。

悲しいことに年齢とともに否応なしにやってくるのが目の悩みです。眉間にシワを寄せて本や雑誌を見ている姿はとてもカッコいいものではありません。しかしまだまだ老眼を掛けることをしたくもありません。あれこれと目に良いと言われているサプリを摂ってみたけどあまり効果がなかった人などそんな時に一度試してみたいサプリでもあります。見た目ばかりでなく目もいつまでも若くありたいものです。
 

通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!

【ファンケル】えんきん 詳細手元のピント調整力に

icon-chevron-circle-right 目のサプリメントで日本初※の機能性表示食品です!!※2015年4月17日に消費者庁が初めて公開した機能性表示食品の一つです。『1日中、スマホが手放せない・・・』『パソコン仕事で目を酷使している』『近くのものを見るとき、ピントが合いにくい。』そんなことが思い当たる方に是非試していただきたい商品です

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 目のピント調節が合いにくい時やぼやける時の機能改善に