目のピントが合わない原因と調節力回復トレーニング


目に効果的なサプリメントってあるの?話題の目元のピント調節成分とは?

年齢を重ねるごとに

以前は見えていたものがぼやけて見える
ピントがはっきりとしない

 
なんて悩みを抱える人は多くなってくるものです、これは人の老化現象の一つであるため回避できない面もありますが、実は年齢に限らず普段の生活で目をどんどん疲れさせてしまっているケースも多くみられるのです。

そもそもどうして目のピントは合わなくなってくるかご存知でしょうか?

目のピントはどうして合わなくなるの?

  • 私たちの目の中には「水晶体」という虫眼鏡のレンズのようなものがあります。
    その水晶体を支えるのが毛様体筋で、この毛様体筋が伸びたり縮んだりすることで水晶体が膨らんだり薄くなったりして見たいものにピントを合わせています。

 

近くにあるものを見るときは、毛様体筋が縮んで水晶体を膨らまし遠くにあるものを見るときは毛様体筋が緩んで水晶体が薄くなるという動きをします。

私たちの現代の生活ではパソコンやスマートフォンなどを見る事が多々あり、そういったものを目の近くでずっと見ていることによって毛様体筋が縮んで常に緊張した状態になってしまいます。

そうすると筋肉疲労が起きて、目元のピントをうまく合わせることが徐々にできなくなってくるのです。

さらに眼精疲労や肩こりなども引き起こすとも言われています。
また老化によって水晶体はどんどん柔軟性が失われ硬くなり、さらに目元のピントが合いにくいとされています。

つまり目元のピントが合わない原因は目の酷使と老化が原因 であると言えるのです。
老化は仕方ないにしても、パソコンやスマートフォンをずっと見たりという生活は少しでも改善することが目元のピントを合わせる為には重要ですね。

目元のピント調節を回復するトレーニングってあるの?


日々酷使して疲れ切っている目元のピント調節の回復には、まずは目の休息をして毛様体筋の緊張状態を減らすことが必要です。

デスクワークでパソコン画面をずっと見ている事が多い人は1時間に1度は目を休める為に10程休憩したり、暖かいおしぼりなどを目を閉じてあてる事も効果的です。

また毛様体筋のトレーニングも効果的とされています。 方法としてはおすすめなのが自分の親指を使う方法です。

親指の爪に視力検査の時に見る「C」の字を書いて、両目ではっきりと見えるところに親指を置きます。
その後文字がぼんやりするくらいの位置まで親指を1秒で離し、3秒で元の位置に戻します。

これを3回繰り返し1セットとし1日2回やるのが良いでしょう。遠くの景色を片目ずつ見るというのも毛様体筋のトレーニングでは効果的です。

また最近ではピント調節をしたい人に話題のサプリメントも出ているようです。中でも人気なのがファンケルのサプリメントです。

ファンケルサプリメント えんきんとは?

icon-magic 通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!
テレビCMでも目にすることがあるこの「えんきん」は目元のピント調節をしたい人にお勧めのサプリメントです。

えんきんには目元ピント調節成分であるルテイン、アスタキサンチン、ジアニジン3グルコシド、DHAが一粒に凝縮されています。

目元のピント調節成分って普段の食事ではなかなかとりにくいものなので、サプリメントでとるのが最も効果的です。

とはいっても実際飲んでどうなのって疑問になりますが、えんきんは4週間飲んでピント調節機能や近くのものを見る近点調節力がアップしたという臨床試験データもしっかとあるのです。

これは効果への自信の表れと言えますね。さらに目元のピントが合うと肩や首の疲れも改善したという声も多数出ているようです。

確かに目の疲れは肩や首にダイレクトに来るので、いつも肩こりを抱えている人はピント調節うまく出来ていない可能性がありますね。
しかも1日当たりの価格が72円なので続けやすいのも人気の秘密ですね。

最近目元のピントに不安を抱えている方は、目を休めたりトレーニングも取り入れつつ飲むだけで嬉しい効果のえんきんをぜひ取り入れていきたいものです。

 

通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!

【ファンケル】えんきん 詳細手元のピント調整力に

icon-chevron-circle-right 目のサプリメントで日本初※の機能性表示食品です!!※2015年4月17日に消費者庁が初めて公開した機能性表示食品の一つです。『1日中、スマホが手放せない・・・』『パソコン仕事で目を酷使している』『近くのものを見るとき、ピントが合いにくい。』そんなことが思い当たる方に是非試していただきたい商品です

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

目のピントが合わない原因と調節力回復トレーニング | お悩み対策.COM 口コミ効果検証