鼻の通りが悪い原因と良くする方法 片方の詰まりも薬でななく健康茶で治そう


花粉症の時期には、鼻の詰まりが悪くなって呼吸がしんどくなりますよね。
口呼吸になると、今度は喉が痛くなったりして毎年花粉シーズンには悩まされています。
今回はそんな私のような鼻の詰まりに悩まされてきた人にお伝えしたいことがあります。

それは、鼻通りを良くする健康茶があるということです。
美味しいお茶を飲んで鼻の詰まりが解消されるなら一石二鳥ですよね♪鼻の通りが悪い原因も合わせてご紹介しますので、是非ご参考くださいね。

鼻の通りが悪い原因とは?

そもそも鼻通りってどうして悪くなっちゃうんでしょう?花粉のシーズンなどと関係しているのでしょうか?鼻通りのメカニズムをみていきましょう。

鼻詰まりの原因は鼻の内部で炎症を起こしているからなんです。
花粉や鼻炎によって鼻の内部に炎症が起きるんです。炎症が起きると、鼻腔の風の通りが悪くなってしまうのです。だから、花粉症や鼻炎の時は鼻で思うように息を吸えなかったんですね。

しかし、鼻が詰まっても少々大丈夫といって放置するのは止めたほうがよさそうです。
なぜなら、鼻が詰まると口で息をするようになり、睡眠時に低呼吸になる睡眠時無呼吸症候群を引き起こすリスクもあるからです。

鼻の通りを良くする方法

では、どうすれば鼻の通りがよくなるのでしょうか?花粉や鼻炎の場合、お医者さんにお薬をもらって治療すると考えてしまいますよね。
しかし、自分でできる方法もありますよ(^ ^)

それが、自律神経を整える方法です。

  • 自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経を刺激することで、鼻の炎症を抑えることができると言われています。
    副交感神経とはリラックスするときに機能する神経のことですね。

 
副交感神経を刺激する方法としては、深呼吸したり、お風呂に入ったりすることです。
落ち着いくことで、体がリラックスし副交感神経が刺激されます。そうすることで、鼻水や炎症も楽になります。

健康茶が鼻の詰まりに効果的

鼻の詰まりを解消する方法で効果的なのが、健康茶を飲むことです。
健康茶はリラックス効果があるだけでなく、茶葉が鼻詰まりに対して有効に働きます。

ここでは鼻詰まりに悩まされてきた人の最終手段になっているえぞ式すーすー茶を例に出してみていきましょう。

イラストえぞ式すーすー茶はノンカフェインの健康茶です。
原料となる茶葉は「バラ科の甜茶、クマザサ、赤紫蘇」です。これらには、抑え・和らげ・鎮めてくれる効果があります。

鼻の通りに対していい、これら3つの茶葉をバランス良くブレンドしたのがえぞ式すーすー茶というわけなのです。このように、健康茶を飲むことは健康的に鼻通りを解消できるので非常におすすめです。

いかがでしたでしょうか。自律神経を整える方法なら今日から実践できるので是非やってみてください。また、えぞ式すーすー茶を飲んで改善されたという声も多いようです。いろんな手段を試したけどダメだったというかたは、一度飲んでみる価値はあるのかもしれません。
 

えぞ式 すーすー茶

【北の達人】えぞ式 すーすー茶 詳細副タイトル

icon-chevron-circle-right こちらのお茶はアレルギー性鼻炎、花粉などにより
「鼻水が止まらなくて困ってる!」
「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい!」
そんなお悩みに副作用なく対策するノンカフェインの健康茶です

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 鼻の通りが悪い原因と良くする方法 片方の詰まりも薬でななく健康茶で治そう