貧血・頭痛に吐き気やめまい・辛い生理は食べ物とサプリ対策しよう


生理痛やPMSが酷い人は、本当に毎月が憂鬱で仕方が無いですよね。快適に過ごしている人だっているのに、私と何が違うの?体質だから仕方が無いのかしら?たくさんある情報のなかからどれを採用すればいいのか分からないなど、悩みは尽きません。

そんな人でも、これから紹介する「食べ物」と植物由来の「サプリ」でおこなう対策なら比較的安心して取り組めます。

まずは「やめてみる」こと

481940

食べ物といっても、生理痛・PMS対策には何を食べればいいの?とスーパーに行くことを考える人も多いと思いますが、何かを取り入れることと同じくらい、やめてみることも大切です。

そこでやめてみてほしいのは、カラダを冷やす食生活です。ファストフードや冷たいものの食べすぎがカラダによくないのはご存知だと思いますが、甘いもの、特にお砂糖のとりすぎにも注意してください。
生理は「小さなお産」と言われることもあるくらい、ものすごいエネルギーを使います。

イラストそれなのに、冷たい食べ物で物理的にカラダが冷えて内臓が働きにくくなっているうえ、ファストフードにたっぷり含まれている添加物の分解や解毒ばかりにエネルギーを使うことになったら、生理に使うエネルギーが足りなくなって、しんどくなってしまいます。

そして、お砂糖はとりすぎてしまうとカラダが酸性状態になってしまうので、バランスをとるために体内のカルシウムを使うことになります。

慢性的にカルシウム不足が続くと筋肉が弛緩してしまい、血流が悪くなって頭痛やめまいがおきたりカラダがダルく重く感じて、生理を辛いものにしてしまいます。おりものや経血がドロドロの場合、お砂糖のとりすぎが考えられるので、食生活を振り返ってみてください。

黒い食べ物と発酵食品がおすすめ

では、積極的に食べてみてほしいものはというと、黒い食べ物です。ワカメ、コンブ、海苔などの海藻類や黒豆などの黒い食べ物には、血行を促進させ、貧血を予防するはたらきがあるといわれています。

そして、日本人女性に嬉しいのが免疫力を高め、血をきれいにして血行を促進してくれる発酵食品です。納豆、しょうゆ、味噌、酢、お漬物など、和食の基本の調味料はほぼ発酵食品ですから、和食を中心にした食生活にするとこれらの発酵食品をとることができます。嗜好や体質が合う人はヨーグルトやキムチなどもいいですね。

産婦人科医が認めたサプリメント

食生活の改善が大切なのは分かっていても、忙しくてなかなかそこまで手が回らないという人は、サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

ピグノジェノールスーパーPDrというサプリメントをご存知ですか?月経困難症の治療薬にも使用されていて産婦人科医も効果を認めたピグノジェノールという成分は、フランス南西部ガスコーニュのみに生息する海岸松の樹皮に含まれている天然成分です。

1ec23cf45d0daa7512027b368900307c_sそのピグノジェノールにビタミン、ミネラル、コラーゲン、乳酸菌などの現代人に不足しがちな成分をプラスして作られたのが、この ピグノジェノールスーパーPDrです。天然由来成分で出来ており、国内工場で生産されていますから安心です。

生理中やその前後も快適に過ごせるようになると、笑顔が増えて魅力もアップしますね。
とりすぎをやめて、必要なものを食べるバランスの取れた食生活と、サプリメントのサポートを上手に日常生活に取り入れて、輝く毎日を手に入れましょう。

 

ピクノジェノール高配合サプリメント「ピクノジェノールスーパーPDr」

【サイエンス・サプリ】ピクノジェノール

icon-chevron-circle-right ピクノジェノールは、フランス南西部に生育する海岸松の樹皮から抽出される天然の抗酸化物質です。米国内で「月経困難症および子宮内膜症の著良薬」として特許を取得。ビタミンCの約340倍、ビタミンEの約170倍もの抗酸化力と驚異のパワーをもっており、フランス海岸松の樹皮約1tから1kgしか抽出されないとても貴重な成分です。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 貧血・頭痛に吐き気やめまい・辛い生理は食べ物とサプリ対策しよう